PSA式窒素ガス発生装置
(PSA : Pressure Swing Adsorption)

概要

PSA式窒素ガス発生装置は、コンプレッサーからの圧縮空気を分子篩炭(Molecular Sieving Carbon-MSC)によって成分分離し、純度の高い窒素ガス(95%から99.99%)を生成する装置です。

PSA式窒素ガス発生装置

PSA式窒素ガス発生装置

装置の構成

主に以下の機器で構成されています。

・エアーコンプレッサー
窒素ガスの原料となる空気を加圧して吸着塔に供給します。

・吸着塔ユニット
吸着槽、主制御パネル、酸素分析計などを載せたユニットです。

・その他
窒素レシーバータンク、減圧弁ユニット、モニターパネルなどがあります。

分子篩炭 (MSC)

分子篩炭 (MSC)

特徴および利点

空気が加圧された状態では、MSCは酸素をより速くかつ選択的に吸着することができるため、窒素を空気から分離することが出来ます。逆に減圧することで吸着した酸素が放出され、MSCは現状回復します。

MSCが充填された複数の吸着塔を、MSCの特性に適したサイクルで交互に吸着と脱着を繰り返すことで、連続して高純度の窒素を生成することができます。

PSA窒素発生装置もメンブレン式と同様に、非常にクリーンで乾燥したイナートガスを得ることが出来ます。そのため、ケミカルタンカーやプロダクトタンカー、不純物による汚染を避けたい貨物に最適な装置です。

製品紹介 MOVIE

team kashiwa spiritsへのリンク
カシワテック筑波工場のご案内