膜式窒素ガス発生装置 (メンブレン)

概要

膜式窒素ガス発生装置は、中空糸膜(メンブレン)を用いて大気中の空気から窒素ガスを分離し、イナートガスとして利用する装置です。

当社の窒素ガス発生装置は、小容量から大容量まで、またN2純度は95%から99.9%の範囲で必要に応じた設計を行います。

膜式窒素ガス 発生装置ユニット

膜式窒素ガス
発生装置ユニット

装置の構成

主に以下の機器で構成されています。

・エアーコンプレッサー
窒素ガスの原料となる空気を加圧してエアートリートメントユニットに供給します。

・エアートリートメントユニット
酸素分析計、エアーフィルター、制御装置、および計器等を1つのスキッドに載せたユニットで空気を最適な状態でメンブレンユニットに供給します。

・メンブレンユニット
装置の心臓部であるメンブレンカートリッジを収めたユニットです。

特徴および利点

当社の窒素ガス発生装置に使用するメンブレンは、非低温状態での空気分離法を利用しており、中空糸膜に空気を通すことで、相対浸透率により窒素を分離します。

不要な成分(酸素等)は大気へ放出されるだけで、その他の廃棄物は発生せず、非常にクリーンで乾燥したイナートガスを得ることが出来ます。

そのため、ケミカルタンカーやプロダクトタンカー、不純物による汚染を避けたい貨物に最適な装置です。

製品紹介 MOVIE

エアーコンプレッサー
エアーコンプレッサー
制御装置
制御装置
メンブレンユニット
メンブレンユニット
team kashiwa spiritsへのリンク
カシワテック筑波工場のご案内