イナートガス発生装置 (IGG)

概要

イナートガス発生装置とは、装備したオイルバーナーを用いて軽油又はA重油を燃焼し作られた燃焼ガスを、スクラバーで冷却、洗浄し、クリーンなイナートガスを発生させる装置です。

IGGユニット

IGGユニット

装置の構成

主にイナートガス発生装置(IGG) ユニット (バーナー、スクラバー、制御パネル等)/モニターパネル/F.O.ポンプ ユニット/送風機/酸素分析計/コントロールバルブ/逆流防止装置/酸素分析計からなり、IGG ユニットに装備された制御パネルによって操作します。

逆流防止装置はデッキウォーターシールと、ダブルブロック&ブリードバルブの2種類からお選び頂けます。

特徴

補助ボイラーの燃焼ガスを利用するイナートガスシステムに比べ、クリーンなイナートガスを供給出来ます。

ターンダウン燃焼 ( 4 : 1 )

ターンダウンとは燃焼範囲を可変して運転することをいい、荷役作業の揚げ荷容量に見合った運転負荷を行う事で運転効率が高くなり、ランニングコストの低減に寄与します。

製品紹介 MOVIE

IGGユニット
IGGユニット
送風機
送風機
IGGバーナー
IGGバーナー
酸素分析計
酸素分析計
F.O.ポンプユニット
F.O.ポンプユニット
デッキウォーターシール
デッキウォーターシール
team kashiwa spiritsへのリンク
カシワテック筑波工場のご案内