社長あいさつ

カシワテック代表取締役社長

当社は、曾祖父の山下亀三郎が1911年に設立した山下汽船(後の山下新日本汽船、ナビックスライン、現在商船三井)をルーツとし、1947年に創業しました。
設立当初の消火器販売に始まり、その後は舶用消火防災装置の製造を主たる事業として海上安全の一翼を担うことを通じて社会に貢献すべく努めてまいりました。
この間、海上輸送を取り巻く状況は変貌を続けておりますが、足もとの大きく変化する時代を、乗り切るだけでは無く成長する機会としてとらえ、新たな価値提供が出来る組織への進化を目指しています。
引き続き、お客様に信頼される製品を作りご満足頂ける優れたサービスの提供、創造力と技術力を高める事に邁進してまいります。

代表取締役社長 山下義郎

経営姿勢

安全と環境を守る舶用メーカーとして創造力と技術力を高め磨き上げていく。

信頼される製品づくりをモットーとし、
チームプレーを重んじ、
    お客様に満足して頂ける優れたサービスを提供していくことが
我々の使命である。

行動指針


自覚 : 各自に必要とされる能力、果たすべき責任・職務内容を把握し行動する。

執着 : 託された仕事を、強い意志を持って粘り強く遂行する。

団結 : 目標達成のために、部門を越えてお互いに助け合いの気持ちを持って協力する。

カシワテック筑波工場のご案内