固定式甲板泡消火装置

概要

原油タンカーやケミカルタンカーのカーゴタンクエリアデッキ上には固定式泡消火装置の設置がSOLAS条約で義務付けられています。

多くの液体燃料は危険な引火性ガスを発生している為、引火と同時に炎が瞬時に液体燃料全表面に広がります。
従って、この消火には激しい炎の抵抗を押切り燃焼箇所の表面全体を密閉被覆し空気を遮断する必要があります。
又、引火性液体は一旦消火に成功しても、危険な引火性ガスの発生が続いている為、機器等の余熱あるいは液面への落下物に泡の被覆が遮られる事などによりこのガスから再引火して、大火災を繰り返す危険性があります。
長時間にわたりガスタイトで頑強な物質で燃焼箇所の全表面を覆い、引火性ガスの噴出を抑え、それと同時に液面及び機器等を速やかに引火点より低い温度まで冷却しなければ完全消火は不可能です。このような状態を可能とする消火方式は、泡消火以外に適当な方法がありません。

当社の甲板泡消火装置は、泡原液と海水が配管内で水流のジェット作用により激しく撹拌され、空気を取り込んで発泡した泡によって消火を行います。 このような発泡方式で生成される泡は、“エアー・フォーム”と呼ばれます。

フォームモニター
フォームモニター
船上放水試験
船上放水試験

特徴/利点

エアー・フォームは化学泡(化学反応によって発泡する泡)と比較して耐火性、耐油性に優れており、弊社で採用している船舶用エアー・フォーム消火液は、海水との混合においても問題なく発泡する特徴があります。

構成

主に消火液タンク、消火液ポンプ、混合装置、手動弁、フォームモニター 等で構成されます。

実績

現在、約8000隻の船舶への納入実績があります。

team kashiwa spiritsへのリンク
カシワテック筑波工場のご案内