よくある質問 (FAQ)

入社後の配属はどのように決まりますか。

入社後の初任地は当社の技術や製品知識を習得するため、原則として技術センターになります。

配属先は設計部、開発部、営業部、技術サービス部などになります。

転勤はありますか。

はい。日本国内に東京、広島、茨城の3拠点があり、本人の希望や業務上の都合によって、転勤もあり得ます。

基本的に本人の希望を尊重し、各部門のニーズと調整して異動を決定します。

本社(東京)    営業部門 

技術センター(茨城)設計部門、開発部門、技術サービス部門 

西日本支社(広島) 設計部門、営業部門、技術サービス部門

転勤を希望しない方に対し、勤務地限定採用もしております。

入社から配属までの流れを教えてください。

入社後は、当社全部門での研修を実施します。
また、造船所への訪問や調整工事への同行などを行い、当社の装置および業務について一通り学びます。
その後は各配属先にて研修やOJTの流れとなります。

採用は技術系だけですか。

はい。理系学部学科の卒業生を通年で募集しています。
特に機械工学、電気または電子工学、船舶工学、化学系などを専攻した方を歓迎します。

女性の採用はありますか。

採用に際し、女性・男性の区別はありません。
現在設計部門などにて、複数の女性が男性と同じ業務で活躍しています。

仕事で外国語を使いますか。

当社の主なお客様は、日本・韓国・中国の造船会社です。
船主には欧米系のお客様がいらっしゃいますので、英語を使用します。
また韓国語や中国語を活用する場もあります。

勤務地までの通勤はどのようにしていますか。

技術センター勤務は車通勤の人が多いですが、徒歩通勤の人もいます。
ガソリン代は全額支給され、また車をお持ちでない場合には、会社から一部貸付制度などもあります。

船舶の消火防火装置に全く知識が無いのですが。

全く問題ありません。当社に入社されるほとんどの社員にとって、当社の製品は初めて見るものでしょう。
船舶の消火をどのようにするか、防災装置とは何か、言葉だけで説明するのは極めて難しいですが、営業が契約し入手した船舶の設計書に基づき、条約や法律、また船級協会のルールに合わせて装置を設計します。
船舶は一隻ごとに仕様が異なりますので、毎回の図面作りが必要となります。
社外研修も実施しておりますし、先輩社員が基礎からしっかり教えてくれます。

海外に駐在することはありますか。

はい。現在、カシワコリアが韓国釜山市にあり、カシワベトナムがハイフォン市にあります。
釜山周辺の韓国南部には大規模造船所が多くあり、当社の営業拠点の一部として情報収集をしています。
その他に韓国製部品の調達も行っており、釜山には複数名の駐在者をおいています。
またベトナムでは当社販売製品の一部を製作しています。
現在はまだ駐在者をおいておりませんが、今後、船の建造が活発化しますと、当社の重要な拠点となっていくでしょう。

キャリアアップや能力開発への支援はありますか。

業務に関連する資格を取得する場合、資格試験料などへの補助をしており、またTOEICの試験料は年1回全額負担しています。
さらに、社員の技術知識向上を目的として、技術系役員などにより社内講座が開講されています。
社員の能力・技術力向上が会社の力の源ですので、常に応援していきたいと考えています。

募集要項
PAGE TOP