バラスト水処理装置
[ KURARAY MICROFADE™️ BWMS ]

概要

国際航海をする船舶に積み込まれるバラスト水(船の安定性を保つ為に船内に保持する海水)中の有害生物が越境移動することにより各国の生態系に悪影響を及ぼしています。

その為、バラスト水中の生物を一定基準内にして排出する様、IMOにて義務付けられ、2017年9月8日に条約が発効致しました。

水処理事業において豊富な経験を持つ株式会社クラレと、船舶総合消火防災メーカーである当社が提携し、新造船、既存船を問わずさまざまな船型に対応できるバラスト水処理装置を開発しました。

高精度フィルターを採用した省電力、省スペースかつ安全なバラスト水処理装置となっております。

システムコンセプト

高精度フィルターの濾過工程とケミカルを注入する殺滅工程のハイブリッドシステムを採用しております。

  • 1次処理 : クラレの高精度フィルターにより濾過します。
    (プランクトン除去効率はS-sizeで80%以上、L-sizeでは100%です。)
  • 2次処理 : ケミカルを注入して、微細なプランクトン及び細菌を殺滅します。
    殺滅処理された処理水は、残留塩素濃度(TRO)を自動測定し、 中和剤で中和処理後、船外に排出されます。

構成

MICROFADE™️ は8種の主機器(フィルターユニット, バイパス弁, 流量計, ミキサー, ケミカルユニット, ポンプ x2 及びメインコントロールユニット)で構成されています。

特徴

* 確実・安定的なパフォーマンス
濾過フィルターは自動逆洗により長期間使用可能ですが、交換作業も容易に行えるようになっております。

* 省電力
高精度ながら圧力損失の小さいフィルターと、安全性の高いケミカルを使用することで消費電力を最小限に抑えることが可能です。

* あらゆる水域に対応
高濁度・汽水・淡水・海水とあらゆる水域での処理が可能です。

ケミカルを使用するためプランクトン・細菌のリグロース抑制性能にも優れています。

承認

  • G8 型式承認 (TA) : 2012年5月 日本政府より承認取得済み    
  • AMS 証書 : 2013年10月 USCG(米国沿岸警備隊)より承認取得済み
  • USCG 型式承認 : 承認取得に向けて試験機関にて試験中 (2019年6月現在)

お問い合わせ

国内営業部
TEL: 03-5449-2431 / FAX: 03-5449-2430
Email: microfade@kashiwa-tech.co.jp

製造・開発元
株式会社クラレ
https://www.kuraray.co.jp/products/microfade

team kashiwa spiritsへのリンク
カシワテック筑波工場のご案内